Harmonia!!

CAT長老さんのあれやらこれやら

アスキーアート リプレイ日記 日記 リンク サイトマップ

スポンサーサイト

tag:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ、カテゴリ等


BALDRSKY Dive1 "LostMemory"

tag:リプレイ日記:エロゲ エロゲー レビュー 感想 戯画 アクション 

 久々の戯画でした。バルドルシステムに再びあえて嬉しい一本でした。アクションパートの面白さ、爽快感は健在でしたし、シナリオも過去でのほのぼのした感じが現在の欝さを引き立てていました。

 ルート攻略や各兵器データなどはそのうち誰かがwikiとかで纏めてくれると信じて、攻略は簡単なものにとどめ、今回はお得意の妄想という名の世界観のまとめに走りたいと思います。



簡易攻略


 自分のやり方ですのでご参考までに。

 とにかく足を止めないことが第一です。強力な攻撃ほど近距離であり、近距離はそれだけ被弾しやすい距離でもあります。無理に格闘戦を挑もうとせず、移動時の攻撃であるダッシュ攻撃を中心に操作すると楽です。格闘戦を挑むのは、敵に囲まれた際、ビームソードなどの有効な範囲攻撃がある場合と、相手をダウンさせたとき、もう一度浮かび上がらせることの出来るローキックなどが間に合う場合のみです。

 選ぶ武装は遠距離で射程の長いものではなく、複数の敵を巻き込めるものをそろえると楽になります。スプレッドボム、バズーカが自分は主力でした。それぞれの武器には色々と特徴が有り、必ず命中する距離、角度、タイミングがあります。むやみやたらに攻撃せず、ひたすら隙をうかがい、命中する位置でのみ攻撃をするようにすれば負けることはありません。

 自分の場合ですが、バズーカは出るのに時間がかかり、射程距離も中ぐらい、発熱量も多く、まっすぐにしか飛ばないという欠点だらけの兵器です。しかし火力は大きく、爆風で敵を巻き込むことが出来ます。相手の格闘が当たるぐらいの距離であれば相打ちであっても一撃で葬れることも多々あり、クラッシュリペアでお釣りが来るぐらいのダメージしか受けないのでお勧めします。接近し格闘を挑むタイプの敵は上手く誘導し、密集したタイミングで射出すると、一撃でかなりの数を吹き飛ばせます。スプレッドボムは射程が非常に短いのですが隙が小さく、弾幕を防ぐ壁になるだけでなく、範囲、威力共に主力として申し分のない性能を持っています。バズーカで当てにくい敵に非常に有効であり、またボス戦においても強力な火力から逃げる際の壁として頼りになります。ハンドガン、ダブルサブマシンガンを持っておくとさらに適応の幅が広がります。

一番良く使ったセッティング
近距離:ボディーブロー、ローキック、ビームソード
ダッシュ:スプレッドボム、ハンドガン、バズーカ砲
# 手榴弾をバズーカに変えただけ。

 自分はモンハンでも剣士とほぼ同じ立ち位置でヘビィボウガンをぶっ放すタイプなので、バズーカのゼロ距離射撃と言うのは多分、ずれた戦い方とは思いますがご参考までに。

世界観


 世界観のまとめといっても、あくまでも自分が見てこうだなと思った、というだけですが。

過去の1年間+α


 ?月頃。久利原直樹、若草夫妻を殺害?

 3月頃。甲、雅、寮を追い出され、如月寮へ。亜季、菜ノ葉と再会する。シュミクラムのデータを手に入れ初戦闘。久利原直樹と出会い、シュミラクラムの手ほどきを受ける。アリーナ初挑戦をし、千夏、甲、雅の三人でチームを組む。千夏、甲はこの時デートで公園へと遠出したとき、レインに付きまとうジルベルトと遭遇。嫌がるレインを見て見ぬふりが出来ない甲はジルベルトとその取り巻きと喧嘩を始める。タイミングを忘れたが、甲が亜季の部屋でダイブ中の彼女を探すため、ダイブをした際、クゥと遭遇している。

 4月頃。菜ノ葉、真入学。この時、目の前で同級生にいじめを受けている真を助けようと甲が間に入り、千夏の機転でその場を治めるが、甲が真をいじめていると勘違いした空によって甲の股間が人生最大のぴんちを迎える。その後、寮を飛び出し、たまたま如月寮で雨宿りしていた真を甲が発見。保護し、その後仲良くなる。姉である空はお礼を言いに如月寮へ。入学祝(だったと思う)を如月寮で開催した際、空と甲は再び遭遇。この時空は甲がイジメの主犯と勘違いしたままであり口論に発展するが、真のお陰で誤解が解ける。

 5月頃? レインと空が遭遇。レインが恋愛の事で悩んでおり、その対象が甲であったため空はその手伝いを買って出る。もっとも、甲じゃなくとも買って出ていたとは思われる。この恋愛の手助けのミッションは計13回にも及び、そのことごとくが失敗に終わっている。真、ノイから電脳症のリハビリ用(?)として特性のシュミラクラムを受け取る。

 6月頃? 新人戦。甲、雅、千夏のチームはジルベルトのチームと遭遇。分断されてしまうが何とか撃破する。この時、一機でチーム戦に参加していた真に助けられている。おそらく、真は不正にエントリーしたものと思われる。記憶が確かであればこの戦闘終了後、レインと甲がシュミラクラムで交戦している。空の恋愛手助けのミッションの一つであったが見事に空振り。恐らく、甲はここでレインに敗北している。

 7月頃? 亜季の停学に興味をもった雅、甲、千夏がプロフェッサーを探しに無名都市へ。ここでジルベルトの強襲を受け、雅、千夏が大きな怪我をおう。GOAT長官と千夏、甲が遭遇。バイクの作成を通じて仲良くなる。

 8月頃? ジルベルトの攻撃によって足に大きなダメージを負った千夏がレギュラー落ち。学園を辞めなければならないかもしれないと甲に打ち明ける。GOAT長官と空が遭遇し、一時口論になるが、仲良くなり、娘のレインと上手くいっていないなどの話を聞き親密になる。この頃かどうかは不明だが、久利原直樹が、甲に一つの錠剤を飲ませている。恐らくはアセンブラに関するキーであり、自分自身が狂気にさいなまれ、正気を長く保っていられない事を理解していたためと思われる。自信の暴走を止めるための物と思いたいが詳細は不明。

 11月頃? レインと甲がリアルでの初遭遇。この時、レインは必死に思いを伝えようとするがまた空振り。甲は空がレインの為にしている事を自分の為にしてくれていると思い始め、レインから貰った物を空へとプレゼントする。空と甲が付き合い始める? 空と甲が付き合い始めたことにショックを受けた千夏は甲とシュミラクラムで戦闘。ある約束が二人の間で交わされる。

 12月 アセンブラのデモンストレーション。この時久利原直樹はすでに内部に潜んでいた狂気に毒され、マザーを初めとするAIのハッキングに成功。アセンブラを暴走させ、グングニールを制御下に置き灰色のクリスマスを引き起こす。この時久利原直樹が何を使用してAIに干渉したかは不明であるが、恐らくはバルドルシステムを利用し、自作のトランキライザーを用いたものと思われる。甲は空がアセンブラの影響により、生きた金属へと変化し、死亡するさまを見せ付けられ、千夏はグングニールの砲撃が起こした爆風の二次災害により全身の殆どの機能を失うが、GOAT長官に拾われ義体化によって一命をとりとめ、以後、統合の為に戦うマシーンと化す。レインは甲と合流するが、この時甲はレインが空に見える病気を発病。足が動かなくなったレインを背負い、目の見えなくなった自分はレインの視覚を借り、荒野を脱出。以後、原因と謎を探るため傭兵活動を開始する。

 ?年前の?月 灰色のクリスマス防止シミュレートプラン発動。発案企業は恐らくアークと見られ、世界を観測する者として空が選ばれる。PLとしての空はエージェントとして活動? 真は電脳症という特殊な病気であり、ICEを通り抜けてしまう特性から、世界がこのシミュレーションの内部でループしていることを悟り、ドミニオンへと合流。以後、巫女として活動を続ける。世界が虚構であり、エージェントの目を通して世界が観測されていることを知っているドミニオンは、それ故空のNPCを大量生産し、エージェントをソフィアと呼んだ。これは、彼らが彼らの現実へと戻りたいという願望の現れであると思われ、また仮空のドミニオンと実在のドミニオンには若干の差があると推測される。

ケース1


 門倉甲中尉、作戦中に記憶障害を起こす。

 自身の記憶を取り戻すため、ドレクスラーを追いかけ、阿南市長の不正を暴き、ドミニオンの陰謀を阻止するなど歴史の影で貢献する。なお、このケースにおいて渚千夏、水無月真の両名は、お互いの信念の為の戦闘において戦死しているか、もしくは渚千夏のみ戦死したと思われる。また、ドミニオンによりアセンブラを埋め込まれた若草菜ノ葉は、それとはしらない幼馴染の門倉甲により潜脳を受け、脳チップを焼かれ死亡。

ケース2


 門倉甲中尉、作戦中に記憶障害を起こす。

 このケースでは若草菜ノ葉が門倉甲により潜脳を受けることは無いが、渚千夏が死亡している。久利原直樹が何度もシミュレートしたというのに対し、エージェントが何万回と繰り返したと答える。すなわち、世界はループしており、この結果もエージェントが見てきた何万回の繰り返しの一回である。

ケース3


 門倉甲中尉、作戦中に記憶障害を起こすが、軍人としての記憶はかろうじて残る。

 同じく軍人である渚千夏と惹かれあう。このケースは最も多く人が死ぬが、門倉甲の周辺人物は比較的生き残る。余談であるが、須藤雅がドミニオンの罠にはまった際、それによってループしている世界の存在に気がついてしまう。尤も、ショックが大きく多少混乱していたためかシゼルをそのループを引き起こしている張本人と断定。戦闘を挑み殺害されている。

ドミニオン


 世界は虚構である。これは真実であるといえる。しかし、殆どの人には受け入れられていない。虚構であっても彼らの生きる世界はそこであり、今なのだ。グレゴリー神父はドミニオンの実験、すなわち人格をもったNPCの成功例第一号と思われる。それ故、彼に死は存在せず、グレゴリー神父殺害後、ジルベルトが豹変したのは、神父にのっとられてしまった為と言っていい。

箱舟計画


 やっている事はドミニオンとほぼ大差ない。AIに蓄積されたセカンドの記憶や、仮想空間で溜められたログを元にNPCを作るのがドミニオンであれば、箱舟計画は、自身をそのAIのデータに変換し永遠に生きるというもの。どちらもノインツェーンの産物であり、ノインツェーンの遺志を継いだものがグレゴリー神父。一橋聖良はその逆をしていると思われる。

世界のループ


 世界のループする起点、終点は不明である。久利原直樹が若草夫妻を殺害し、灰色のクリスマスを起こし、門倉甲が記憶障害に陥る所までは予定された事件であり、この道を外れることは無い。本シミュレートは久利原直樹を中心とし、門倉甲に記憶喪失という1/fのゆらぎを与えることで無数のシミュレートを行うものと思われる。

久利原直樹


 久利原直樹の狂気の原因は不明である。仮に、彼がAIをハックする際に用いたものがバルドルであるとするならば、彼はバルドルに触れることでNPC化したノインツェーンと接触、彼は彼等になり、内部でのせめぎ会いが常に行われているものと推察される。ノインツェーンの意識が強くなるきっかけは、彼が若草夫妻を爆殺するあたりからと思われる。

リプレイ日記


 以下、リプレイ代わりのメモです。タメ口ご容赦願います。


一週目:レイン編1


 こりゃすごい。戯画のゲームは久々だが……健在だね。

 コンフィグを開いたときのメカメカしさ。マウスポインタ、メッセージ送りぶのアイコン……どれをとっても美しいよ。

覚醒


 懐かしい感じがする。本当に懐かしい感じがする。

 GIGASと……そう、バルドバレットでGIGASに向けて放ったシウコアトルを思い出す。むしろ当たらなくていらない子だった浪漫砲。実は一番使ったのはスピンカッターで3ケタヒットを……一回だけ出した。

 懐かしい、本当に懐かしい。記憶喪失の中尉が主人公。セルゲイを思い出す。おまけに戦場は仮想空間……ステイ! ステイ・サイバー・ハイじゃないか! セルゲイのハッカーレベルがステイ並になったって思っていいんだなっ? 会いたかったよおまえたちぃぃぃ。と、バルドバレットで一番萌えたのがヤローの生き様だったという自分には序盤でクリティカルヒットを食らったわけです。

 さてさて、セットアップ。チュートリアルなんぞいらん。俺はカーナのGIGASを一度撃退したことがあるんだっ。と調子こいていたら、遠距離、ダッシュを勘違い。普段動き回るんだからダッシュメインにしとけと。

 小手調べのような雑魚に苦戦。ステイの戦ってた戦場がこんな感じだったのかなーと思うとちょっと感動する。なぁ、バルドルの中身はもっと虚無だったのか?

過去の記憶へ


 記憶の混乱が著しい甲君。ここで選択肢が発生。レインを信じるか否か。ここはまぁ、素直に信じよう。

 翌朝、どうやらブレインチップが壊れているとか。……あぁ、IANUSか……。ずいぶんとN◎VAな世界なんだな。

 何か色々と開発できるようだけれども今回はスルー。遠距離に設定していた装備をダッシュへと切り替え。

 自分の頭を見てもらうために腕のいい医者に会いに行く……ちっちゃい子供だ。市民番号の最大値がFと言うことは、この時代でも16進数は生存しているらしい。ほっとする。

邂逅


 主人公が自分の機体を手に入れる経緯が語られる。

 記憶遡行の後、情報屋と接触を試みるも死亡。

 ハンドガンから一つ上の武器が開発可能になっていた。でも使わない。まだ要らない。

爆心地


 過去の話で、生体系と機械系のマシンの間で、どちらが先に知性をコンピューターに乗せるか……と言う話が出る。以前、すくぅうみうぎさんの企画に乗ったとき自分が書いた身体性って奴と良く似てる。

 その機械系と生体系の争いを「知性化戦争」と呼ぶらしい。その機械系の最先端にあったものが「バルドルシステム」……なんだって? さらに過去の話に戻ったのか?

 授業をレクチャーしてくれているマザーの話によると、バルドルは知性を獲得するに至らず、知性化戦争に敗北したらしい。と言うことは……逆行を続けていたテクノロジーは前を向いたのか。で、バルディストと反バルディストの戦いは終結して、今はAIと反AIで争いを繰り広げているということらしい。

 その後なんかいろいろあって。シゼルとか言う人に出会う。リミッターオフで戦うかとか言われたが……ふむ。ここは乗ってみよう。

 クォトワイヤーが開発可に。なつかしの我が愛用武器の一つだけれども……なるほどね。他の兵器も色々使わないと駄目って事か。ま、今はこのままでいいか。

 戦闘終了後、無防備だった体に銃口が突きつけられる。そういえば、ダイブ中は無防備か……。

NPC


 キーボードで全ての操作ができるのは素晴らしい。さすが戯画。

 ドミニオンとか言うカルト教団の演説に遭遇。こういう教祖は嫌いじゃない。

潜脳


 NPCオタクか。人工無能をときどき弄って遊んでいる自分とかぶって嫌になる。といっても人工無能はバルドルシステムなんだけれども。

 特別な訓練と言うことで、最初に寝泊りしたようなホテルへ。

 とりあえず、今まで一番上を選んできたし迷わず「いけないレッスン」を。ホテルの周りを走らされる。

 アームアッパーとミサイルランチャーの開発が解禁。ミサイルランチャーがほしいけどポイントが足りないので放置。

 ノーダメージ。カンが戻ってきたかな……。

 エッジと結びついたかもしれない権力者の名前12名が表示されたとき、マークアップされた光のラインの本数は12本。芸が細かい。

 反AI派の演説を見ているうちに、自分はこの世界だと反AI派になるだろうなーと漠然と思ってしまう。

 バズーカなどなどの装備が生産可能になるがまだ無視。

同級生


 特に戦闘も無く終了。

無名都市


 セカンドライフの一部でこんな所あったなぁ。そういえば、セカンドライフって今どうなっているんだろう?

 ブースとダッシュのチュートリアルなどなどが追加。武装は変化させず。

逃走


 脳内チップの修復が完了したらしい。

 色々な人とのつながりがどんどん切れていく。

 またなにかプラグインが有効になったけど無視。

逢瀬


 こんな映画どっかでみたな。なんだっけ、不感症のピー野郎とかそんなセリフが出てきたような?

 マザーとの対話がとても面白い。確かに、AIからすればそういう風に感じるんだろうなと思う。AIどうしでは個々の境界が希薄になりそうだというのは想像がつく。

 プラグイン、グッドパートナーを入手。……その分攻撃する機会が減るってことは罠プラグインかな。とりあえず、クリアできなくなってきたら起動しよう。スライディングキックの開発が可能になる。無視。

 スプレッドボムのLVが3になる。さすが我が愛用の武器。範囲が広いw

親友


 戦斧とショートエルボーが開発可能に。

 開発の必要は無しと判断して続行。

 大型ウィルスとの戦闘で死亡。って、これはきついかも。

 ハンドガンのヒートがゼロに。スプレッドボムの消費熱量軽減がMAX。手榴弾LV2へ。狙って直撃させると面白いw

 中々に厳しい連戦のあと、選択肢発生。一番上を選んできたので素直に投降を選択。連射するタイプにスプレッドボムは天敵になりうるのだなーと実感。

 NPC乱射事件はこっちも壊れそうデシタヨ。
 

思い出


 アドベンチャーモード中に突如としてノートンのアップデートが立ち上がる。一瞬ニコ動の時報を思い出した。戦闘中じゃなくて良かったよ。

 ポイントが4000以上ある状況だし、何か一つ変えてもいいかなとは思うが……LV3スプレッドボムは外せない。このままいこう。

 選択肢。上のあきらめずに出口を探す

降誕祭


 そんなことよりこうたんさいで一発変換できたことが驚きだ。Xmasの和訳を知らなかった自分が恥ずかしい。

 そして念願のエロシーンにもかかわらずエロシーンをすっ飛ばそうとクリック連打する自分を再発見する。何のためにエロゲーやってるんだろう……。いつも思う。

 選択肢が三つ出現。実は俺に秘められたパワーを選びたい所だけれども……一番上を選ぶ。

 さて、シナリオの展開上、恐らく最後のセットアップ。結局初期装備のまま、挑むことにする。スプレッドボムは頼りになる相棒さね。

 ハンドガンの経験MAX。手榴弾のヒートゲージ軽減MAX。ビームソードのヒートゲージ軽減MAX。

 で、またエロシーンでスキップする自分。駄目だこいつ。早く何とかしないと。

レイン


 エンディング。

 エンディング手前でのノイ先生との会話から推測するに、どうやら車にも何かCPU的なものが仕込まれているらしい。一応現代でもあるけれども……ネットには繋がっていない……とはいえ、有りうる未来なのかもねぇ。ネットに繋がるのはPCだけでいいと正直思う。運転中の車をハッキングされちゃかなわん。

 クリアデータの引継ぎについてのダイアログが表示される。あぁ、たまに検索結果であったバルドスカイ、引継ぎってこのことか。クリアデータをセーブして、ロードすればオッケーって事ね。つまり……途中でロードせず、失敗を恐れずがんがんシナリオを進めた方が武装的にはお得って事ですか。では二週目Go。

 で間違えてセーブし損ねる。バーカバーカ。降臨祭からやり直し。

 改めてクリア。プラグイン、システムボイス:レインとちびきゃらマスコットレインを入手。

二週目:レイン編2


 読み込みを選択し、1週目クリアをロードする。周回の楽しさってのはいいものだ。

覚醒


 さて……開発に着手していこうかな。

 手榴弾はまだLV3になっていないので、LV3になっているスプレッドボムとハンドガンを入れ替え。

 ダブルサブマシンガン、バズーカを開発。ついでに手加減する必要も無いのでプラグインを追加。

 チェイン数などは面倒なだけなので消す。放置していた耐久力ブロックを全部追加。合計+6ブロック。

 ヒートヒットパックを追加。飛ばすことは滅多に無いんだけど気休め程度に。以上でオープンコンバット……っと。

 想像以上に火力が大きく、ヒートゲージも大きい。重いねぇ。

 今回は全部下で行ってみる。

記憶遡行


 プラグインボーナス数値……邪魔なだけだから要らないや。

邂逅


 一応、まだレイン編らしい。ふむ。何度かクリアしないと駄目か。

爆心地


 シゼルと再開……いや、ちがうけど。挑発には乗らないを選択してみる。いずれにせよ殺されかける。あー戦闘が有るだけ挑発に乗ったほうが経験値としては美味しかったかも?

 今まで無かった選択肢がここで登場……前回のシナリオが思い出せない。下で行くと決定したので連絡市内を選択。すぐ横で輸送機がドンパチ。

NPC


 特に何事も無く終了……

潜脳


 選択肢発生。これは前回通過した。今回は特別な状況下での訓練を選択。

同級生


 一向に経験値がたまらないバズーカと手榴弾。どうも使用回数がキーらしい。重い装備は溜まりにくい仕様のようで。

 特に何も無く終了

無名都市


 二週目以降はタダひたすら経験値稼ぎになりつつあったり。あぁ、選択肢どこかでミスったかな?

逃走


 バズーカLV2。正直防衛線にこの装備は重すぎる。最後の戦闘に勝てる気がなくなってきた。

逢瀬


 ライフル、ショットガン開発可に。

 ここで未読文。時間がフラグかもねぇ。ローキック経験MAX

親友


 ボディーブローのレベルMAX。バズーカで吹き飛ばして手榴弾を投げ込んで、こっちに飛んできた所をまたバズーカで……我ながら酷いもんだと思った。

 雅を倒して逃走するを選択

思い出


 ガトリング開発可に。

 バズーカLVMAX。微妙に未読文発生。手榴弾LV MAX。

 最初に決めたとおり、下を選択。諦める。レインに思いっきりひっぱたかれる。一瞬薬莢が飛び出たきたしたんだけど……パイルパンカー? そんなので頬を殴られたら死んでしまうw

降誕祭


 一番下……実は俺に秘められたパワーを選択。明らかにちげぇw

 ビームソードのLV MAX

 思いのほか簡単に倒せた……ふっ飛ばしてからローキックでムリヤリたたき起こしてボディーブロー、ビームソード、手榴弾で一本ぐらい持っていけるとは……。

幽霊


 目の前にいたレインが空に見える病気にかかる。レイン編で見た、レインが空のふりをしている状況がまた続く。レイン……。

 シナリオチャート詳細を入手。レイン編の未通過ルート表示を入手。

3週目:菜ノ葉編


 ボイスを見ると、まだ一人だけ解放されていない人が居た。誰だ?

覚醒


 分岐の詳細表示をチェック……普通に勝利……って負けろと? 試してみる。

 近接戦闘が全てLV3になっているため入れ替え。アームストレート、回し蹴り、戦斧を開発。

 遠距離戦にライフル、地雷を開発。念のため保存して、自機を破壊されてみる……と思ったらレインが一掃してくれた。普通に勝利の条件が発生したっぽい。

 プラグイン、バッドパートナーを起動させ、自分のHPを下げてみる。バッドパートナーを起動させても無理なので、ノーダメージで頑張ってみる?

 無理。諦める。ざっとチャートを見た限りだと、第四章で連絡を入れないを選択しているとレインルートになるらしい。そこまで一気に飛ばしてみる。

爆心地


 連絡を入れてみる。

 シナリオチャートで分岐を確認。レイン編からは外れた様子。

追想


 大筋はレイン編と大差ないらしい。

仮想都市


 こちらのルートでは記憶は比較的順調に戻るらしい。で、選択肢。例によって一番上を選択。下はフラグかな。ノイルートかも。

密造業者


 昔の友人が敵味方に分かれて戦ってる姿を見ると、真・女神転生を思い出すなぁ。ロウヒーローとカオスヒーローの争いを見ているようだよ。

無意識


 この辺りからパラドックスが大きくなるようで。フラットラインするイベントは起きないらしい。

 戦歴に関するプラグイン入手。一気にインストールする。

先生


 二刀流で先生登場。かっけー。万能執事みたいな人だなこの人。

幼馴染


 なんでエロシーン飛ばすんだろうねぇ。カーナとのイベントをふと思い出した。

特異点


 過去の話で、実験用マウスが空と同じように溶けるシーンが描写される。自然に還そうとしすぎるバグに見えた。

 ドレクスラー研究所の研究者と一緒に並び神父の演説を聞く。なぜそこに先生が一緒じゃないのかがちょっと気になった。

 ダブルサブマシンガンのLV、ヒートゲージ軽減がMAX。正直このセッティングはまずい。

運搬人


 ふと思った。レインルートで潜脳して破壊した脳って……もしかして菜ノ葉か……?

 神父の演説とジルベルトの演説が全く同じだ。一言一句違いが無い。レイン編でも思ったけど、神父もジルエルトもAIの操り人形になっているみたいだ。

 冒頭で思ったことが的中したらしい。可能性と選択の問題か。6が出れば、皆無事になるのだろうか?

 セットアップ。地雷か、ライフルを外してスプレッドボムかバズーカに変更したい所……スプレッドボムにしよう。

 プラグイン、装甲ゲージ入手。選択し発生。現実の様子を確かめない。

聖地


 戦力と火力が違いすぎて話に……。おまけにこちらの攻撃まで隔壁に当たるお陰で、たまに自分で破壊してしまう。セットアップで変更を。チャフを開発して、地雷と入れ替え。戦斧をビームソードに切り替え。チャフが使いものにならない。バズーカに交換。ついでについでにLV3でそろえる。

 隔壁付近の長い通路でバズーカを連射して何とかクリア。先生登場。あぁ、やっぱり黒い人だった。それにしてもこの人強いよ。よけれない攻撃とか勘弁。

菜ノ葉


 ……む。結局先生が甲に飲ませたカプセルのキーワードは不明のままエンディング。

4週目:千夏編


覚醒


 選択肢発生。レイン……で別ルートへ。チャートを見る限り、誰だっけでレイン編へ。

 戦場の記憶がある程度の残っているらしく、こっちの甲は序盤から頼もしい。

記憶遡行


 特に何事も無く終了。ほぼ共通パートと思っていいらしい。というか、違いが今の所わからない。

邂逅


 プラグインダウン回避入手。地雷メインに戦闘開始……そういばここで誰と邂逅するんだっけ?

爆心地


 挑発に乗るか、乗らないかの選択肢。個々は素直に乗る。って、こりゃきつい。地雷のレベル上げなどと余裕をかましている場合じゃない。

 システムボイス、先生を入手。ヌルー。

 選択肢。これはシゼルルートへのフラグかな。行くとアレな気がするので上を……選んだらレイン編に入っていた。勘違い。ロード。わかったを選択。

 戦闘が急激にきつくなった気がする。制限時間内にクリア出来なくてもクリア可能。

魔狼


 特に何事も無く終了。ごつい人からアメちゃんをもらう。

代理人


 ノイと近接遭遇していた過去が判明。縁か。

 そろそろきついのでクラッシュリペアーを起動。

 システムボイスジルベルトを入手。やばい。使います。

 米内議員はゴルゴ(千夏)の手によって狙撃。最初から二重で狙われていたようで。ゴートにすれば介入の口実がとにかくほしかったと……?

 代理人終了。セーブ。

「セーブか? 気に食わんな。間違っても知らんぞ……」

 かっけぇw

媚薬


 良く解らんね。犯人は最初からドミニオンなのに、なんでドミニオンに偽装したウィルスが居たんだろう。

 選択肢。とりあえず上。

 シナリオチャートを確認

「ふん! 下らんな、貴様の人生」

 つくづくかっこいい人だw

 ……シナリオの深読みになる。グレゴリー神父は甲に向かって、あれだけの奇跡を目の当たりにして、といった。このルートでの甲は奇跡的な現象には……エージェントぐらいしか関わっていない。とすれば、ドミニオンの教義は、実は架空の世界だというのは正しいのかもしれない。菜ノ葉編で巫女に言われた本当はそんな事件は無かったのかもしれない、と言う言葉が気になる。周回は……文字通り甲の魂がずーとループしている?

 箱舟計画なる単語出現。

女友達


 市長の演説を聞いて思い出す。そうだ、ジルベルトは最初市長に雇われていたんだった。

 中々……戦闘が厳しい。コンテニュー画面も見飽きてきた。

裏切り


 バルドルの名前が出る。何か懐かしい。

 ウィルスは余裕で駆除。千夏は強い子。バズーカ装備は広いところだと不利だ。

 マザーとの会話で謎がさらに一つ解かれる。というより確信を得る、と。なるほど、ルートをこなすうちに全貌が徐々に明らかになるわけか。


義体


 ノイの診療所が監視されているらしい。最初はCDFだと思っていたのだけれども……ちがうらしい。

 プロフェッサーってあんたかw

虜囚


 ライフルの弾幕を突き抜ける特性は頼もしいのだけれども、火力、リロードがなぁ……。とりあえずライフルMAX

 分岐。上を選択。巫女の言葉を信じる。そして、雅がドミニオンに入信してしまう。っと、シナリオ的にドミニオンが真実に見えてきた。PL的にか。


休日


 レインと別れ、GOATに残留。長官との会話で世界地図が映し出される。世界の地形は変っていないらしい。地図の描き方から察するに……北半球の……どこだこれ? 海のど真ん中じゃないか……。清城市がそこなのか統合がそこなのか。

 相変わらずエロシーンは飛ばす、と。

離別


 兵器開発

「下らんものを開発するんじゃないぞ」

 このツンデレめ。ガトリング開発。ライフルと入れ替え……あー、すっごい癖ある……。

 ウィルスが居て放置してると30分後に核が爆発するから駆除しろとクゥのお告げ。

 選択肢発生。うむぅ……少佐の命令を拒絶しよう。

 先生から直通。狂気と正気の狭間……あぁ、それで菜ノ葉編の最後で壊れてたのか。

 クゥのサイコロの数字は3。

 要求が幹部の離脱に下がった。……灰色のクリスマスは起こってないんじゃないだろうか。

 千夏編ではキャリアーは誰なんだろう……?

トランキライザー


 出撃はいいんだが……千夏はどこだ? まさかトランキライザーに乗せてないよね……。

 少佐強い。マジ強い。バズーカ当たらないよこの人。CDFとGOATあわせて6000も犠牲になったのか。

 分岐。ここは信じたいなあ。GOATの長官黒いというか固いというか。手段を選ばなさ過ぎなきがするよ。

 で、長官との戦いはリトライが不可能。なので、千夏との戦いの前にセーブ。千夏との戦い後もセーブをお勧め。

千夏


 ちっちゃくなったw

 予告編のようなものが出る。プラグイン千夏。サバイバルモード追加。

五週目


 プラグインなどなどの回収。記録をとらず一気に進める。とりあえず記録はここまで。



リンク感謝


門倉甲
桐島レイン
渚千夏
若草菜ノ葉
久利原直樹

BALDRSKY Dive1

関連エントリー

ゲームリプレイ日記
バルドバレット
バルドヘッド 武装金融外伝
装甲姫バルフィス
戯画
スポンサーサイト

タグ、カテゴリ等


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lastoneofthezodiac.blog38.fc2.com/tb.php/4686-a903f69a

 | HOME | 

プロフィール

ちよろ

Author:ちよろ
大阪で活動するバンドマン。

メインはボーカル。

活動中のバンド
蒼天
 三国志テーマにやろうぜってバンド
音歪
 オーバードライブ。セッションで俺、ボーカル。
仔猫夜叉
 陰陽座。ギターデス。

バンド履歴
蒼天
HARMONIA
MARZie-DEKKER
HARMONIA

ヘルプなどで在籍したことのあるバンド
Mitanie Crue
邪影修羅神

カテゴリ

音楽活動 (206)
ライブ (118)
歌ってみた (85)
その他 (4471)
今日のやる夫スレ (12)
遊んだの (177)
読んだの (11)
見たの (3)
使ったの (3)
まとめらしきもの (401)
日記的なるもの (198)
楽天 (3665)
作ったの (1189)
描いたの (0)
アスキーアート (1176)
プログラムとか (11)
FLASH (2)
リンク集 (2)
サイトマップ (10)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

感謝感激相互リンク様

お世話になってます

Ad

タグ、本文切り替えサーチ

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター

ショートカット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。