Harmonia!!

CAT長老さんのあれやらこれやら

アスキーアート リプレイ日記 日記 リンク サイトマップ

スポンサーサイト

tag:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ、カテゴリ等


ノロイ

tag:ホラー映画 映画 レビュー 

 全体的に盛り上がりに欠ける映画でした。最後だけ面白かったかな……。

 この話で一番の見所は寺十吾さん演じる勇者、堀さん。

 彼は前半から最後にかけてまで、まさに世界を救う勇者でした。主に狩り対象は霊体ミミズと名づけられた何か。

 おうちのいたるところに施されたアルミホイルは、霊体ミミズを防ぐためのもので、どうも電波っぽい。堀さんがじゃなく、霊体ミミズの主成分が電波。もっとも、堀さん自身も十分電波なんですが。

 初登場時、霊能力者としてびくびくしながらトークライブに登場。これがまたしょぼいPAで……まぁ、それは置くとして。そこで、松本まりかを見かけるや否や飛び掛る始末。本人は警告を伝えるため必死だったんでしょうが必死すぎてレイプ未遂にしか見えなかったり。

 その後、彼はとある番組で「最強の霊能力者」として紹介。レポーターが、玄関でわざわざ「最強の霊能力者さーん」と呼びかける辺り非常識。普通、堀さんって呼ぶでしょうにw なお、お家に入ったレポーターがインタビューを試みている際のなんとも迷惑そうな表情と、勇者堀さんの電波っぷりの温度差は必見のパートでもあります。スタジオ内爆笑の渦でした。

 超能力少女が行方不明になった手がかりを探すため、小林さんが勇者堀の自宅を訪れます。この時、勇者堀はかなちゃんを探すため、微弱ながらも届いている霊体ミミズ電波を受信し、とある男性のアパートの一室を書き出します。発生源と言うより、霊体ミミズの行き先だったわけですが。この後暫く勇者堀さんの出番なし。

 捜査が急展開を向かえ、松本まりかに「かぐたば」のお払いをするため、勇者堀の力を再び借りに、勇者のお城を訪ねる小林さん。そこで彼が見たものは……室内にもかかわらずダンボールハウスに引きこもる勇者堀。

「ハウスインホームレスや!www」

 その時、爆笑と共にスタジオで上がった一言がこれでした。家があるのか無いのかどっちだ。

 家の中の家でひっきーをしていた堀さんを引っ張り出し、ダムの底に沈んだ村へ。ここで勇者堀、大奮闘。一般人である我々とその他3名には見えない霊体ミミズの攻撃をたくみによけ続けるその姿はまるで、世界戦に挑戦するボクサーのよう。スウェー、ヘッドスリップ当たり前! 見える、見えるぞ。我々にも堀さんの戦っている相手が見える!

 そして、堀さんはとうとう、魔王「禍具魂」の住まう沈んでいない神社の位置を、霊体ミミズが飛んでくる方向から割り出し、お供、小林を引き連れ突撃。とらわれの姫であるかなを助けに、霊体ミミズの妨害をものともせず山中を駆け抜けます。だがしかし、敵は強大でした。勇者堀は「かぐたば」の力に押さえつけられ動きもままならない状態にまで追い込まれ、お供アイルー小林の手によって辛くも救出されます。

 この時勇者堀の受けたダメージは大きく、病院へ送られます。MPの消耗が激しかったため、とうとう精神病院へと送られてしまいました。……いやまぁ、それまで精神病院に送られなかったのが不思議な言動をし続けていますから、当たり前っちゃぁ当たり前ですが。

 お供小林は、勇者を病院へと送り届けた後、禍具魂を召喚したかもしれない石井の下へと足を運び、二つの死体と、一人の少年を発見。事件は収束を迎えたかのように見えました。しかし、勇者堀には魔王禍具魂の気配が消えたとは感じませんでした。そう、禍具魂は倒したわけではなく、彼らは逃げ帰ったに過ぎなかったのです。

 あの時、山の上で屈した戦い。その強大な闘気とも言うべき霊体ミミズの発信源を探り当てた彼は驚愕します。なんと、オトモアイルー小林の家から発生されていたのです。

「おまえまでやられたのか!」

 勇者堀は玄関でそう叫び、禍具魂の、そう、オトモ小林の保護した少年、魔王禍具魂に向かい、勇猛果敢に勝負を挑みます。まだ小さい子供の姿のうちに倒さなければ手遅れになる! そう確信しての行動でした。しかし、懐柔されてしまったアイルー小林夫妻の妨害。そして、生贄にささげられ、力を吸収されてしまったかなの力を得た禍具魂の前に、勇者堀は屈してしまいます。あのヘルメットさえ……あのヘルメットさえあれば勇者堀はきっと勝利できた事でしょう……。

 その後、勇者堀は、ハウスインホームレスをやっていた時のように、通気ダクトの中で息を引き取りました。おお勇者よ。死んでしまうとは情けない。



関連


なんか日記的なものまとめ
宇宙戦争
レッドクリフ 1
記事を書く下調べのために。
あるニセ占い師の告白
スポンサーサイト

タグ、カテゴリ等


宇宙戦争の感想

tag:映画 レビュー 感想 スピルバーグ 

 しんどい映画でした。宇宙からの侵略者の前には無力って事なんでしょうが、これ、主人公家族じゃなくて、宇宙人の視点にした方が面白かったんじゃないかなぁと思ったりしました。

 一番印象に残ったのは、燃え盛る列車が踏み切りを通過していったシーンでした。あれは怖い。スタジオで話題に上がったのが、大阪じゃ一機破壊したらしいとかそんなセリフがあった部分。あれ、上映する地域によってあの部分のセリフが違うらしいです。他は、手榴弾5発ぐらいで大破するとか、そのくせ戦車の攻撃には耐えるとか……。


関連


なんか日記的なものまとめ
リプレイ日記:三国志大戦
レッドクリフ 1
心に残った漫画のセリフ
エログ可のPPC

タグ、カテゴリ等


レッドクリフ 1

tag:映画 三国志 レビュー 感想 

 パート2が近日公開との事でDVDを購入しました。……これ、カットやで。めちゃめちゃやもん。

 内容は演義ベースの映画アレンジでしたが、周さんを主人公にすえた事で、周さんと嫁さんの絡みが増え……圧迫されたお陰で、全体的に駆け足で物語が進みます。圧迫する原因となった周さんとお嫁さんの絡みはむしろ要らないんじゃないかと思うぐらいです。というか、このシーンはいらんだろうと思う所が多々としてありました。三国志の中身をよく知っていても飛びすぎてついて行けない場所があり、知らない人は余計に話しが解らないのではないかなと感じました。三国志抜きにしても、盛り上がりに欠け、これ、昔の人形三国志の方がよっぽど楽しめるんじゃ無いかなという出来でした。CGやテクノロジーの進歩が作品の良し悪しの決定的差では無いことを改めて教えられました。

 名前も色々と疑問に思うところが。大半の登場人物は性名なのに、孔明だけ字。甘寧にいたって甘興……あぁ、甘興覇ね。

 wikipediaによれば、甘寧を甘興という架空の人物にした理由は「史実にない出番が増えた為、甘寧をモデルとした甘興(一時は瓦瀧という役名に決定したとの報道もあった)というオリジナルの登場人物となった」との事だけれども、そもそも三国志演義をベースにしている時点で正史とは程遠く、正史から遠いのであれば当然史実からも遠いんですよね。わざわざオリジナルを用意する意味は無いかと。史実に近づけるというのであれば、関羽に青龍刀(大刀)を持たせるべきではないし、歩兵の主力武器に槍を持たせるべきではないでしょう。当時の冶金技術では大刀は作れないし、正史三国志に槍という文字は一文字たりともでてきません。さらに鎧の着こなし方ですが、魚鱗甲の上に戦袍と呼ばれる着物を羽織るのが普通でして、全軍の兵士、将軍がみな鎧のままというのはありえないんですよね。大体、名前の呼び方もおかしいですよね。関羽、張飛などなど、性、名で呼ぶのであれば、「諸葛」で止めず「諸葛亮」まで呼ぶべきでしょう。大体、初対面の人間をいきなり字で呼び捨てるとか失礼極まりない訳でして、そういった部分も史実からは明らかに遠いんです。史実から外れたという理由で甘興を作るのであれば、その他の史実に外れている部分はどうしてそのままなんでしょう? どうあがいても外れるのであれば、甘興と言う人を創作する必要も無く、どうせなら甘寧として嘘を楽しませてほしかったと思う次第です。

 八卦の陣の下りも十分おかしいものでした。陸路を行軍していた曹操軍が、わずか10騎ほどの女性兵士に奇襲をうけ、それを全軍で追うとか。しかも逃げた先には土煙がもうもうと立ち上がる、明らかに怪しい所へとなんの躊躇いもなく突撃。目の前に広がった陣形を迂回せず、陣形の中にわざわざ入り、敵が攻撃してくるまで回遊魚のようにぐるぐると……。周さんは周さんで、奇跡が起こって罠にかかってる上に、ほっときゃ殲滅できる状況でわざわざ前線に突撃して、かばったとはいえ矢傷を受ける始末。揃いも揃って猪です。

 自分が三国志に対して見たいと思う部分と、監督が描きたいという部分に大きな隔たりを感じてしまいました。パート2の予習と思い購入しましたが、見に行く必要は無いかなと言う結論に達しました。

関連


なんか日記的なものまとめ
リプレイ日記:三国志大戦
政治的意思を持ったラスボス 7人?
真・恋姫†無双
客席の九割は舞台上の価値が解らない

タグ、カテゴリ等


 | HOME | 

プロフィール

ちよろ

Author:ちよろ
大阪で活動するバンドマン。

メインはボーカル。

活動中のバンド
蒼天
 三国志テーマにやろうぜってバンド
音歪
 オーバードライブ。セッションで俺、ボーカル。
仔猫夜叉
 陰陽座。ギターデス。

バンド履歴
蒼天
HARMONIA
MARZie-DEKKER
HARMONIA

ヘルプなどで在籍したことのあるバンド
Mitanie Crue
邪影修羅神

カテゴリ

音楽活動 (206)
ライブ (118)
歌ってみた (85)
その他 (4471)
今日のやる夫スレ (12)
遊んだの (177)
読んだの (11)
見たの (3)
使ったの (3)
まとめらしきもの (401)
日記的なるもの (198)
楽天 (3665)
作ったの (1189)
描いたの (0)
アスキーアート (1176)
プログラムとか (11)
FLASH (2)
リンク集 (2)
サイトマップ (10)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

感謝感激相互リンク様

お世話になってます

Ad

タグ、本文切り替えサーチ

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター

ショートカット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。