FC2ブログ

Harmonia!!

CAT長老さんのあれやらこれやら

アスキーアート リプレイ日記 日記 リンク サイトマップ

道は開ける

tag:デールカーネギー ライフハック 

 道は開ける。こう読むとなんともいかがわしい雰囲気が漂ってしまいます。

 本書は、今で言うところのライフハックであり、主に悩みに対してどのように付き合っていくか、悩み事とどう上手く付き合うか、どう克服するかについて書かれたものです。


悩むとは何か


 デールカーネギーによれば、悩む事そのものは、体調を崩す原因そのものであり、悩めば悩むほど仕事も、身体も悪い方向へとすすむもののようです。

 ストレスと置き換えてもいいかもしれません。

 そして、悩まない人は決して楽天家なのではなく、心構えや仕事のやり方に共通点があるといいます。曰く、「今日の仕事を今日中に仕上げる」ことと「明日の準備はしても思い悩まない」と言うことです。そして、起こりうる最悪の事態を想定し、起こったならばあるがままを受け入れる覚悟をしておけば、恐れることは何もないとも言っています。

 悩みは正確な思考を奪い、集中力を奪います。これは自分も経験があります。以前、バンドでストレスが溜まり、自暴自棄になりかけたこともありますし、それによって頭痛が酷くなったこともあります。そのバンドを脱退後、頭痛は偏頭痛としてまだ残ってはいますが、毎日のように痛むことはなくなりましたし、考える力を取り戻せました。

悩みの解決


 悩みを解消する為に、下記のステップが提唱されています

1,事実の把握をする。悩みの原因は混乱である。
2,事実の分析をする。悩み解消の為に、自分にとって都合の悪いものも受け入れる。
3,決断し、実行する。

 他にもこのようなものがあります

1,悩みの種が何かを書き出す。
2,それに対して自分自身何が出来るかを書き出す。
3,どうするかを決断する。
4,直ちに実行する。

 これらはタイプライターに向かってとあるので、現在であればパソコン……ワードやメモ帳などが適切かと思います。

 一番重要なポイントは直ちに実行するという点ではないかなと思います。今日の仕事は今日中に、と言うことでしょう。今まで自分が出会った人のなかで、仕事が早い人ほど悩みが少なく、仕事が遅い人ほど悩みが多いのも事実です。

悩まないために


 実に面白い方法の提示ですが、彼はそもそも悩まない為にと一つの方法を提案してくれています。

「常に忙しくあれ」

 悩みは暇だから悩むという逆の発想です。我々は、悲しいことを考えながら楽しい事を考えることは不可能であるという、精神の構造を上手く利用した発想ではないかなと思います。悩む暇もないほど忙しくする、つまり充実させると言うことです。

信仰


 信仰もまた、悩みに対しては良い効果をもたらすと述べています。もっとも、これは信心深い人にしか通用しないでしょう。

 自分にとって、この章が一番読んでいて面白かった部分でもあります。宗教が定めるところの神とは、すなわち自分自身であり、宗教とは神様をあがめる……イコール自分自身を大切にするための、生活の知恵の集大成なのだなと。そのように感じるようになりました。

 元々お葬式は生きている人の為にあるもので、死んだ人の為にすることなど何一つとしてない、と言う考えだったので、それが加速したともいえます。キリストの奇跡で良くある、神はあなたを許したといい、歩けない人が立ち上がった。この出来事の背景には、歩けなかった人は、過去の過ちで自分自身を責め、だれか許してくれる人が欲しかったところ、神という存在に許されたことでストレスから解放され、自分自身を縛る悩みを解消でき、歩けなくしていた罪の意識から解放した、と読み取るようになりました。

 無神論者が神を必要としないのは、誰よりも信心深いからではないか。そういうパラドックスも感じてしまう今日この頃です。

関連


なんか日記的なものまとめ
デールカーネギー
みんなに好かれようとしてみんなに嫌われる
リーダーシップのあり方について、とても大きなヒントの有る本
客席の九割は舞台上の価値が解らない
スポンサーサイト




タグ、カテゴリ等


不愉快な思いをブログにぶつける前に。あるいはブログ炎上防止の方法

tag:デールカーネギー ブログ 批判 炎上 
 若い人で、特にブログを始めたばかりの方などにありがちだと思うのですが、誰かの悪口を怒りのままブログに書いてしまうことがあると思います。もしかしたら、そこそこ年齢が高くても陥るかもしれません。

 例えば、誰かの痛い批判。耳が痛い批判ではなく、何の根拠も無い批判は、作品を発表し続ける限り、あるいは活発に活動し続ける限り遭遇します。クレーマーの数やアンチの数は知名度に比例します。有名になればなるほど理不尽な批判に晒され、時には直接手紙や電子メールが届くと思います。

 デールカーネギーの著書、道は開けるのなかに面白い方法があります。今回はそれを現代風にちょっとアレンジしてご紹介します。

書かないのはむしろ心の毒


 まず、不愉快な思いをしたり、反論し、罵倒したい相手が居る場合、とにかくそれは一度書きましょう。書かないでいるのは心の毒です。書きましょう。思い切って書きましょう。

 毒を吐く場所は、オフラインであれば何でも構いません。できればパソコンから遠いものがいいと思いますが、どこでも場所を選ばず、さらに人目を気にせず書けるので携帯がベストと思います。

 携帯のメール作成画面を開いたら、とにかく文章を書きましょう。出来るだけ理路整然と。それらが出来上がれば一端、下書き保存します。見直しても構いませんし、見直して変なところがあれば修正しましょう。

 下書きも、見直しも、修正も完了したら、自宅のパソコンに送ります。以上です。

 自分の経験からですが、不思議とこの文章を製作した時の熱さと言うものは、帰宅後にメールをチェックした時には綺麗さっぱり失われているものでして、これをさらにmixiに貼り付けたり、ブログで公開したりという気にはなかなかなりません。面倒なのと、冷静に見返して「うん。これはまずい」と判断できるからです。

 面白い事に、これはまずいと判断した自分のメールから、さらに違った、誰も傷つかないエントリーへと発展する事が良くあります。実際、このエントリーもそうだったりします。

 道は開けるで紹介されていたものは、まず反論を書き、そっと自分の机の中にしまいこみ、忘れてしまうというものでした。書いてしまえばすっきりするし、見つけて読み返せば恥ずかしく、出さなくて良かったと思うものであり、いい思い出になるからだそうです。現代風にすれば携帯のメールを上手く使ってみる、となりました。別に自宅のパソコンに送る必要も無いと思います。下書きのまま保存して、3日後ぐらいに見返せば、こんな事もあったなぁと削除する事でしょう。

関連エントリー


なんか日記的なものまとめ
伸びる人、伸びない人
期待したことの9割は起こらない
自分の行動を人がどう思うかを決めるのは自分ではない
リーダーシップのあり方について、とても大きなヒントの有る本

タグ、カテゴリ等


デールカーネギーの著書一覧

tag:作家 デールカーネギー 
 この人の本に出合えたお陰で、人生がどこか変わったといっても過言ではなかったりする。

感想

Book

関連


タグ、カテゴリ等


 | HOME | 

プロフィール

ちよろ

Author:ちよろ
大阪で活動するバンドマン。

メインはボーカル。

活動中のバンド
蒼天
 三国志テーマにやろうぜってバンド
音歪
 オーバードライブ。セッションで俺、ボーカル。
仔猫夜叉
 陰陽座。ギターデス。

バンド履歴
蒼天
HARMONIA
MARZie-DEKKER
HARMONIA

ヘルプなどで在籍したことのあるバンド
Mitanie Crue
邪影修羅神

カテゴリ

音楽活動 (206)
ライブ (118)
歌ってみた (85)
その他 (4471)
今日のやる夫スレ (12)
遊んだの (177)
読んだの (11)
見たの (3)
使ったの (3)
まとめらしきもの (401)
日記的なるもの (198)
楽天 (3665)
作ったの (1189)
描いたの (0)
アスキーアート (1176)
プログラムとか (11)
FLASH (2)
リンク集 (2)
サイトマップ (10)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

感謝感激相互リンク様

お世話になってます

Ad

タグ、本文切り替えサーチ

 

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター

ショートカット